BUSINESSPRESIの仕事を知る

PRESI'S
BUSINESS

02

取締役

藤島 正樹

誠実に約束を守り
スピーディに対応していく
取引先との信頼関係が
いちばん大切

チャレンジしがいがある
チャンスがここに

元々、私は建築関係の仕事をしていたのですが、代表に誘われ不動産業界に入り一緒にPRESIを創業しました。PRESIで一緒に働こうと思ったいちばんの理由は、チャレンジしがいがあるチャンスがあると思ったからです。代表と一緒ならやれると確信がありました。

創業時は0からのスタートだったので、それを1にするのは大変でした。新しい会社は、進む道はいっぱいありますが、いろいろな面でレールをうまく建てていくことが難しかったですね。

PRESIはとにかく成長スピードが速く、積極的に新しいことに立ち向かっていく企業です。ほかの会社とはやる気が違いますよね。社員一同が、とにかく前を向いて成長していこうと気合いが入っています。

現在は、物件の売買、仕入れなどを行う営業の責任者をしています。営業は、人と人の繋がりが成約に結びついていきます。仕事をしていくうえで、人との繋がりによって人間力が成長できたと思います。頭を下げる営業だけでなく、戦略的に誘導していく営業を行うことを常に気を付けていますよ。営業でコツコツ回っていき、成約に結びついたときは嬉しいですね。

金額の大きさはやりがい

開発を行っているPRESIでは、扱う額の大きさが達成感に繋がります。仲介業を行う不動産業者では何白万から大きくても何千万円くらいの額を扱う感じです。PRESIでは、何億円という額を動かすことが多くなります。

日本でいちばん人気の東京、さらにその中心地で不動産を動かすことができるのは、モチベーションが上がりますし、他人にも自慢できるくらい達成感を得ることができますね。

今までいちばん印象に残っていることは、利益がすごい高い物件を仕入れて、すぐに売れたときですね。逆にベンチャー企業なので、設立当時はこの物件を売らないと会社がつぶれるっていうプレッシャーが強くあったことを覚えています。プレッシャーに打ち勝つ方法ですか? それは立ち向かっていくしかないですよ(笑)。

今は社員を使って会社を大きくしていくことが課題だと感じています。人材育成ですね。営業を教えるというのは難しいですよ。数をこなしていくことが大事です。いろいろな人とあって、いろいろな交渉をして、失敗をすることもありますが経験を積み重ねていくことで強くなることができると思います。

求める人材は
成長意欲のある人間

新しい人材を入れて、育てていくことが会社の課題だと思っています。とにかく成長意欲がある人間に入社して欲しいですね。

ベンチャー企業で設立も浅いので、辛いこともたくさんありますが、それを乗り越えることで強くなれ成長できると思います。いろいろな困難に立ち向かい、成長していける方と一緒に仕事をしたいですね。

さあ、PRESIと共に
世界一を目指しませんか?

PRESIは自分を成長させたいという意欲のある方、
夢をもっている方に最高のフィールドをご用意いたします。

ENTRY