Hawaii 未来へつながる、資産としての住まいを。

2棟目の投資をお考えなら
資産として安全性の高いハワイがおすすめです。

資産の分散(リスク分散)をすべき時代に

日本の不動産投資において、今後考えられるリスク

少子高齢化 人口減少 増税 地震などの自然災害 空き家

一方、アメリカでは・・・

  • 人口が常に増加している(移民や自然増加で年間約300万人増)
  • 米国人と同様に、日本人でも制限なく投資ができる
    (市場が成熟しているため)
  • 情報公開及び市場の透明性があるため、安心&安全に取引ができる
  • 不動産を保有していれば、価格が上昇しているのでエクイティ(※)が増加する
  • ※エクイティとは、資産から負債を差し引いた正味資産のこと

ハワイで不動産投資をお考えの方、まずはPresiにご相談を!!

0120-000-557

六本木・渋谷エリアにてハワイ不動産についてのセミナー実施中 定員40名
(参加者が少数の場合は個人面談を実施)

なぜ、アメリカなのか。

アメリカドルは世界で最も信頼され利用されている通貨

アメリカドルのシェア数は87.6%と、
他の通貨に比べ圧倒的な数字を誇っています。

グラフ

人口や国土の広さも、日本に於ける不動産投資のリスクから
かけ離れた条件です。
経済大国という名目もあり、安心して投資ができます。

グラフ

日本の人口は、これから更に下がり続けることが予想されます。
しかし、アメリカの人口は年間約 300 万人増え続けている傾向にあり、
賃貸需要が絶えない環境が続きます。

ハワイで不動産投資をお考えの方、まずはPresiにご相談を!!

0120-000-557

六本木・渋谷エリアにてハワイ不動産についてのセミナー実施中 定員40名
(参加者が少数の場合は個人面談を実施)

なぜ、ハワイなのか。

外部からの影響が少ない、安定した経済

グラフ

ここ20年〜30年間で、
平均で年間 5〜6 %の割合で価格が上昇し続けています。したがって、不動産を所有すれば、
10年後には50%近く価格が上昇していることが予想されます。
1億円の物件なら 1.5〜1.6億円という計算になります。
そのため、資産性で見るなら、価格が下がり続ける日本よりも
アメリカの方が安定性・安全性があると言えます。

グラフ

このように、価格の上昇も目に見えて大きいのが、ハワイの物件です。

グラフ

また、ハワイはリーマンショック時にも、他の地域ほど下落せず、
最初の1年で回復しました。
ハワイは、外部からの経済的影響を受けにくいのです。

世界有数のリゾート観光地

世界有数のリゾート観光地であるハワイの訪問客数は、
年々増加しています。

  • 2014年:8,320,785(前年 + 1.8%)
  • 2015年:8,679,564(前年 + 4.3%)
  • 2016年:8,941,394(前年 + 3.0%)
  • 2017年:9,100,000(ハワイ州観光局予想)

このように、手堅い経済成長の中、
安定したマーケットで、安心して不動産投資を行えます。
また、資産としてだけではなく、
リゾート(別荘)としても楽しめ、
不在の時には貸し出して家賃収入も得られます!!
法人の方は、保養所あるいは福利厚生施設として購入し、
社員旅行で使われる方も多くいます。

世界中から愛されているハワイで
ぜひ不動産投資を始めましょう!!

ハワイで不動産投資をお考えの方、まずはPresiにご相談を!!

0120-000-557

六本木・渋谷エリアにてハワイ不動産についてのセミナー実施中 定員40名
(参加者が少数の場合は個人面談を実施)

安定したマーケット、増え続ける資産。
良いこと尽くしのハワイの不動産。

しかし、場合によっては危険なことも・・・

信頼できる業者にお願いしないと、
騙されてしまう危険があります。

例えば過去にこんなケースが

日本人の業者が、日本人を相手に高く売りつけている
優先販売でとある物件を30棟買い付けた日本人業者がいました。
業者は、日本人に買い付けた物件を売りましたが、後日二重登記が発覚。
蓋を開けて見ると、 業者は頭金だけ先に払い上乗せして日本人に販売していたのです。
業者が日本人だとつい安心してしまいそうですが、 ハワイという日本人にとって未知の土地では、 そういった心理を逆手に取った悪徳日本人業者もいるのです。

Presiなら、地元に30年根付いて
活動している提携会社がいるので安心!!

ハワイには日本人が経営している不動産会社もありますが、
Presiでは、地元を支えている日系アメリカ人のローカル会社で、
地元で30年という実績のある会社と提携しているので安心して
不動産を購入していただけます。

ハワイ不動産についてのセミナーも
六本木ヒルズにて
月に1度開催中!!(定員40名)

※会場が変更になる可能性もございますので、詳しくはお問い合わせください。

六本木ヒルズ

六本木ヒルズ

〒106-0032
東京都港区六本木6-10-1
六本木アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ49F)

  • 東京メトロ 日比谷線「六本木」駅1C出口より徒歩3分
  • 都営地下鉄 大江戸線「六本木」駅3出口より徒歩6分
  • 東京メトロ 南北線「麻布十番」駅4出口より徒歩12分
  • 都営地下鉄 大江戸線「麻布十番」駅7出口より徒歩9分
  • 東京メトロ 千代田線「乃木坂」駅5出口より徒歩10分

講師
プロフィール

三澤剛史

株式会社Presi

グローバルウェルス
マネージメントサービス
マネージングディレクター
三澤 剛史

1980年、フランチャイズ事業を展開する叔父をサポートするため渡米。1989年にビバリーヒルズでハリウッドのセレブを中心に高級物件を扱うアルバレス・ハイランド・アンド・ヤング(Alvarez, Hyland & Young: 現在のHilton & Hylandの前身)社に、日本人初のリアルターとして配属されたことをきっかけに不動産ビジネスの世界へ。
1991年、当時全米で最大のフランチャイジーであったプルデンシャル・カリフォルニア・リアルティ(Prudential California Realty)の国際部門のディレクターとして迎えられ、フランチャイズ母体のプルデンシャル・リアルエステイト・アフィリエイツ(PREA)の業務も兼任して、プルデンシャルのグローバル・ネットワークの確立に邁進。
1993-2008年、米国最大の不動産団体、全米リアルター協会(NAR)でアジア・太平洋地区の統括責任者や日本担当に任命され、日本およびアジア諸国とのネットワーク構築や業務提携に尽力した。
特に日本では、国土交通省や業界団体と日米不動産業務などの勉強会を長年行ってきた。
2012年には日欧の関係構築にも携わり、イギリスの英国王立チャータード・サベイヤーズ協会(RICS)の日本法人設立、不動産証券化協会(ARES)や日本不動産鑑定士協会連合会(JAREA)等の関連団体との提携関係の仲介役も務めた。
現在はハワイ州のホノルルに在住し、総合不動産会社、ハワイ・ファイブオー・グループ(Hwaii 5-0 Group, Inc)のパートナー兼筆頭副社長として経営企画、不動産仲介や海外業務を担当している。 毎月、日米間を中心として海外を往復し、住宅不動産業界や業務提携関連会社とのアドバイザリー業務のほか、ハワイへの不動産投資セミナーの講演、執筆活動も行っている。

Presiなら、現地在住でリアルター
(アメリカの宅建資格所有者)でもあり、
本セミナーの講師も務める三澤氏がいるので、
安心して物件を購入していただけます!!

様々なキャリアを経て、現在ハワイを中心に活動している三澤氏の協力のもと、
お客様に安心・安全な投資環境をご提供いたします。

ハワイで不動産投資をお考えの方、まずはPresiにご相談を!!

0120-000-557

六本木・渋谷エリアにてハワイ不動産についてのセミナー実施中 定員40名
(参加者が少数の場合は個人面談を実施)

Copyright Presi. All Rights Reserved.