当社では東京都心エリアに特化した不動産投資の企画・販売及び、賃貸併用住宅の企画・販売を行っております。

PRESIとは

PRESIとはConcept

お客様やお取引先様から、しばしば社名の由来をたずねられますので、弊社の社名の由来をご説明させていただきます。
弊社は、かかわるすべての人が幸せになれる、お客様本位の不動産取引を行うことを使命としています。なぜなら、不動産業界には旧態依然とした悪習がはびこり、そういった悪習のツケを払うのは、常にお客様だったからです。
しかし、弊社が不動産業界のいびつな構造を正そうとし、お客様本位の取引を訴えても、不動産業界という巨大なピラミッドの下の方からでは、声は届きません。当社が不動産業界のPresidentという頂に立ってこそ、弊社の訴えが耳に届き、悪習が廃され、いびつな構造が正されるはずです。

しかしながら、頂に達するには、まだまだ長い道のりが残されています。すべての社員が、目先の成功に甘んじることなく、弊社の目指しているゴール=不動産業界のPresidentまでは、まだ道半ばであるということを常に心に刻みつけるようにとの思いから、あえてPRESIという社名をつけました。
多くのお客様の満足と幸せが積み重なることによって、弊社が業界のPresidentに近づいていくと信じて、走り続けます。

NOと言える不動産会社Real estate

実は多くの不動産会社というのは、不動産そのものを売買しているのではなく、
不動産の取引の仲介事業を行っているにすぎません。
簡単に言うと、
ほとんどの不動産会社にとって、売買手数料こそが利益となるわけです。

高く売れば売るほど手数料も増えますから、
なるべく高く売ろうとします。

直接の売り主ではありませんし、手数料で利益は出ているので、
売った物件がその後どのようなことになろうとも気にかけません。
不動産という商品独特の慣習によるところもありますが、
結果として多くの不動産業者は、
お客様に正面から向き合っていないのです。

PRESIは、弊社自身が不動産を買い取り、リスクを背負ったうえで、
お客様と真正面から向き合います。
誠心誠意お客様と向き合いますから、たとえお客様のご意向であっても、
それがお客様の利益にならないことであれば、
NOと言うことができます。

良いことも悪いことも正直にすべてを伝えたうえで、
お客様が最も幸せになれる提案をさせていただきます。

大切なのは出口戦略Exit strategy

不動産投資において最も大事なことは、
きちんとした出口戦略を描いてから始めることです。

不動産というものは、株式と異なり、簡単に売買できるものではありません。
だからこそ、どのように利益を生み出し、確定させていくかという出口戦略が大切なのです。

正しい出口戦略を描くには、
どうすれば良いのか?

良い物件をどれだけ安く買うことができるか
ということです。

安く物件購入
それだけ出口戦略の選択肢が広がります。キャピタルゲインも得やすくなりますし、
イールドギャップは有利なものになり、理想的なキャッシュフローが生まれやすくなるでしょう。
高すぎる物件購入
キャピタルロスが生じてしまうと、出口戦略を描くことすらできなくなります。出口戦略を描くということは、入り口を吟味するということなのです。

PRESIは優良物件を相場より安く提供することにこだわっているのです。

正直こそが財産Honesty is Justice

弊社において、全社員が常に心がけていることは、正直であるという事です

お客様に対してはもちろんですが、かかわるすべての人に対して、
正直であること、ウソをつかないこと、
全社員がこれを徹底していることこそが弊社の財産でもあります。

不動産というものは、同じものが存在しないゆえに、非常に属人性の強いものです。簡単に言うと、売りたくない相手には売らないという世界なのです。不動産取引においては、売り手と買い手の間に信頼関係がなければ、よい取引はなりたちません。
そして人と人との間に信頼関係を築くには近道はありません。かかわるすべての人に対して、ひたすら正直に約束を守り、ウソをつかないことを愚直に続けていくしかないのです。

弊社はこれからも正直にウソをつくことなく、
歩み続けます。

弊社は正直にウソをつかないことを愚直に積み重ねてきたことによって、多くの仲介業者様より信頼いただけるようになりました。

結 果

良い物件の情報を得ることや、良い物件を買うことができるようになったのです。
こうした積み重ねをへて初めて、お客様に
優良物件を安くご提供することができるのです。

首都圏にこだわる理由Reason

弊社の取扱い物件は、原則としてすべて首都圏内の物件となっております。

よく、なぜ首都圏にこだわるのか?
というご質問をいただきます。

答えは、それが最も
お客様の幸せに繋がる

不動産投資は比較的リスクが低い投資と言われますが、リスクがないわけではありません。賃貸物件の大きなリスクは2つ、入居人が入らないこと、土地の価値が下がることで物件の資産価値がローン残価を大きく下回ることです。
逆に言えば、賃貸需要が旺盛で、土地の価値が下がりにくい場所の物件であれば、リスクを大きく減らすことができます。
その条件に当てはまる場所が首都圏なのです。日本の人口減少が危惧される中、東京の人口はなお増え続けています。土地の価値も、バブル崩壊直後こそ大きく下がりましたが、その後は安定しており、ここ数年は上昇傾向にあります。
さらに弊社は23区のなかでも、厳選された地区の物件のみを取扱い、なおかつ6%という利回りを実現しております。
首都圏内の利回り6%という厳しい条件を満たしている物件だからこそ、お客様に自信を持ってお勧めできるのです。

投資するなら土地にInvestment

もし弊社が、不動産投資について、一つだけアドバイスをして欲しいと問われたら、
答えは次の一言につきます。

不動産に投資するなら、建物だけでなく土地に投資

建物というものは、原則としてどのように立派なものであっても、建った瞬間から価値は下がり続けます。
たとえば30年以上経過した建物の価値は、限りなくゼロに近づいていきます。
しかし、土地はその時々の相場によって上下することはありますが、その価値がゼロになることはありません。
土地というものの価値は時間の流れに左右されないのです。
たとえば、1億円の物件があったとして、その1億円の中身が何かということが、不動産投資では非常に大切なのです。
土地の価値が7割で建物の価値が3割の物件、土地と建物が5割ずつの物件、土地が3割で建物が7割の物件、
建物だけの物件(区分マンションなど)と、さまざまな物件が考えられます。

買うときは同じ1億円です。しかし、30年後の価値はどうでしょうか? 建物の価値が剥落した残りの価値が
資産価値なのです

一般に不動産投資というものは低リスクミドルリターンの投資と言われます。
ただし、リスクを低くしているのは、時間の流れに左右されない土地という基礎資産の下支えがあるからなのです。
不動産投資を運任せにしないためには、土地の存在が重要だということを、忘れないでください。